じぶん以上には、なれない。じぶんになる

2014.5.10|国王のことば

最近、春になってきたからか?
はたまた、次の展開の準備をしているのか?

僕は、とても眠っています。

24時に就寝すると、朝10時に起床。
朝食を食べると、床へ横になり、TVをつけながら15時まで昼寝。


やっと仕事するぞ~と思っても、
ふらっと海へ出かけたりしています。


フェイスブックにも書きましたが
14年ぶりに同級生に会い。両親にもつ鍋屋と糸島観光へ連れて行き、
気がついたことがあります。


一言で言います。

「僕は、じぶん以上には、なれないんだなあ~と」
「じぶんになろう」


雑用ばかりの国王は、
今までひたすら建国に専念してきました。

ほんとは苦手なことも、やりたくないこともありました。
凹んで、涙を流したい時もあったし
いまだ、シキさんに愚痴をこぼすこともありました。

使えない頭をフル稼働したり
人見知りがバレないように作り笑いをしたり
感情を吐き出したい時も相手のために抑えてきました。

しかし、どれもこれも
でかい志を実現するためには、全て楽しいことでもありました。


もう一つ。
建国期に携わって頂く国民には
僕の背中を見せたかったこともありました。



ただし、そろそろ矛盾が生じるころかと思います。

じぶんらしくあるべき国の王様が
じぶん以上でがんばっている。


330で志についてセミナーをしました。

とても軽いテイストで終えましたが
あのメッセージは、とても強烈で深いものです。


誰にも理解されないかもしれないし
全員のダメだしになる可能性もある。

物議を醸すのは必須だったのに、ま~るく収めました。

木坂さんや新田さんについても同じ。
この前の沖縄ではお二人に意見しましたが、ま~るく収めました。

僕は彼らにアンチテーゼがある。

601の勉強会では、物議を醸す勉強会をやります。
http://xn--78j0c4dy68pj33a.com/seminar/



じぶんらしい国王。

僕は、じぶんになります。

じぶんとは?


感情のままに溢れるものを吐き出すこと。

予定調和なんて大嫌い。
全てはゲリラ。タブーなんて恐れない。

これは、僕がバンドで売れた頃のステージ上のじぶんです。



飲み会の時は、
誰にでも声をかけ、本音だけでつきあう

嫌われる人には、はいおしまい。それで結構です。


泥酔になったら、女の子に声をかけ、
飲みに誘い、なんとかエッチまで持っていこうとする。


511は、ぶちゃけトークライブです。

せどりがいよいよ開催。
http://sedo-shin.kojirou.mobi/

満員なりましたが、ネット参加できますからぜひ。
物販は、622東京です。


アフィリは、607福岡でやりますし
ひさびさに九州交流会で盛り上がりましょう




510(明日)は、
下見と王国懇親会、東京を開催します

ぜひ、希望者は僕まで連絡ください
(19時からの部は人数制限あり)

僕は16時、ここで翌日の下見します
http://r.gnavi.co.jp/gagn502/map/


19時に、ここで合流して10人ぐらいの飲み会ですが
http://r.gnavi.co.jp/g111307/map/

じぶん王国数名と先に集まりたいので
17時に、店前でまってもらえますか?






国王が
じぶんらしくあるとは。
もう3つあります。


貪欲に教育を示す
貪欲に結果を出す
貪欲に金を稼ぐ。



最近までの、じぶん王国は
こじんまりとして、慣れ合っていた感があります。


仲良くなることは良いことですが
ただの遊び場所。楽しい場所で終わるのは不本意です。

というか、嫌です。



僕が示す教育は、親の愛。

ありのままの赤ちゃんへ戻すために
父の背中と母の全肯定

これでは、まったく金になりません
旅立った20年後に、感謝されるものです。

が、、、、僕は、これをやり続けるでしょう。



これからのじぶん王国は
貪欲に結果を出して、
貪欲に金を稼ぐ場所になります



出て行く人は自由です。
楽しくなくなったというのも自由です。

この国は、もっと繁栄しますし
もっと人が増えていきます


夏以降は、
アフィリ部の塾を始動して
姪の浜マンションに投資


稼ぐまで、家に詰め込んで
家族のように人間教育をして
結果と金と愛をもたらす。



531 王国カフェ in大阪

この日が、始まりです。
国民がつながり、部活動を結成して、金をもたらす。


双方向性でやるつもりです。
ぜひとも参加してください。

http://xn--78j0c4dy68pj33a.com/seminar/



あ。僕は、変動していきます。

じぶんになります。

「今までと違うじゃないか!」

と怒らないでください。



それは嘘でした。
これから、少しずつ、本来の遊び人国王に戻っていきます

それは、0~1の僕の役目が終わりつつあり
支えてくれる仲間が集まりつつあるからです。



僕の長所も出しまくりますが

同時に、、
とても手に負えないぐらい短所を出します。

だから、苦手なとこを助けてくださいね

ドラマのように、映画のように、
感動的な名場面がリアルにおきます。

ぜひとも味わってください。

ではでは。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL